2/9,23 極寒の釣りの巻
表紙へ戻る
釣航記目次
   ************************ 雪道 *************************
 土曜日は気圧の谷で雪・雨ですが、凪そう。風さえなければ何とかなるだろう と釣りバカ3人が近場でアオリ釣り。当初予定していた泉南は鯛の食いが止まっ てしまったので予定変更。アオリイカが2週間前はよく釣れたらしいんですが、水 温の変化で移動していくので、どうやろう?
 凪の中、ポイントへ。まずは、小アジ釣り。表層で難なく釣れました。水温を見 て驚き!18度ありました。今年は寒いのにこの水温は、黒潮の分流が来ている んでしょう。このパターン紀東でもそうですが、なぜか釣れません。
 まずは、野毛屋長竿釣法で開始。2年ぶりの場所でしたが、開始早々マイポイ ントでグヮングヮン…開始直後に1杯獲れました。しかし、ポイントの外れできた のでいやな予感。やはり、でした!その後、全くアタリなし。潮はいい感じですが 、イカが居ないんでしょう。他の人も良くありません。だんだん北風が強まりまし た。開始1時間後から降り始めた雨は、更に勢いを増してきて、寒さも限界。「12 時までやりましょう。」とのこと。アオリはあきらめ各人、思い思いの釣りをするこ とになりました。私は出航地近くの漁礁でノマセをしようと移動を始めました。し かし、風が更に強まってきた上、もやがかかって幻想的風景?水温と気温の差 が15度以上でなるそうですが、昼にこの現象が起きるのを初めて見ました。二 重の手袋で万全なのに寒さで指先の感覚もなくなってきました。身の危険を感じ そのまま港に戻りました。間もなく他の2人も寒いぅぅぅぅ〜〜〜と言って戻ってき ました。帰り道だんだんと雪深くなり、ラジオの交通情報で西名阪道も通行止め と知り、峠道をびびりながら、何とか家にたどり着きました。
 しばらく、床に就くと朝まで寝てしましたが、朝起きてびっくり!何とイカはあと ゲソ1本。イカもアジも全部夕食に食べられてしまいました。
 **********************海況・釣り方・釣果***********************
<海況> 天気 雨 波高予報1mのち2m 中潮 表水温18℃ 夜明け6:15
<釣り方> エギング
<釣果> アオリイカ1 小アジ24
  ************************ 季節風 *************************
 さて、1週あけて長潮で風もそこそこ。これでは、だめと思い2年ぶりに釣りをや めました。そして、待つこと一週間。潮は中々良いんですが、風は更に強く紀東 もちょっと風が出そう。でも、何とか浮かぼうと、紀東へ行きました。
狙いは、????思いつきません。この風で釣れる釣り。一番やりたかったの はオコゼ・アマダイですが、案の定、朝から中々の風。気温が高いのが救い。関 東地方では、木枯し一番だったとか!
 まずは、昨年冬の救世主となったアカイカ狙い。しかし、全くだめ。地元の漁師 さんもやっていませんので、イカが居ないんでしょうね。続いて、アオリイカ。キャ スティングは風が強くハナからあきらめていましたが、中錘の長竿釣法も全くア タリなし。サビキでアジが獲れましたので、よっしゃノマセや!と、沖へ出ました 。前から目をつけていたポイントに行くと中層にベイトの反応。これは、近くに漁 礁があるぞう!と探っていくと、いい感じの平根。アジは3匹しか居ないのでとり あえずオキアミと鯖の短冊で様子を見ようと仕掛けをSET。投入しようとポイント に戻ろうとすると前からだんだん白兎が跳ねてきました。
ビュ〜〜〜〜〜〜〜。
やばい感じ。スパンカーを外して戻ろうとすると、風でボートが横向きになります 。うねり・波は大したことはないですが、これは限界です。
 岸に戻ってタコを狙うもこれもノリが3回で1杯GETしただけ。風は一定の間隔 で吹き荒れますがだんだん強まって限界。風速10mは軽くありました。雨もみぞ れっぽくなってきたので早上がりで帰ることにしました。だめなときに行っても良 いことは何もありませんね。深場のポイントを拾ったのが一番の収穫でしょうか ?
 **********************海況・釣り方・釣果***********************
<海況> 天気 曇り時々雨 大潮 表水温16.5℃ 夜明け6:00
<釣り方> イイダコ/タコジグ
<釣果> イイダコ1



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32
33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64
65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80
81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96
97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112
113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128
129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144
145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160
161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176
177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192
193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208
209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224
225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240
241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256
257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272
273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288
289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304
305 306 307 308 309 # 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320
321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336
337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352
353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368
369 370 371 372 373 374 375 376 377 378
inserted by FC2 system